Q&A

Prevention/Disinfection

Click View more to check out for more information and evidence

False - Mostly False - Partially True - Mostly True - True

Q. お湯/ビタミンC/ごま油/うがい/空気清浄機で予防できますか?

嘘だ。お湯、ビタミンC、ごま油などの民間療法が広まっているが、CDCとWHOによると、まだコロナ-19治療や予防に役立つ特別な薬剤およびワクチンについては発見されていない[1][2]。また、新型コロナウイルスをろ過する空調技術の認証事例もない[3]。ソウル特別市の医師会の朴弘俊(パク·ホンジュン)会長によると、"うがいは口の中の細菌やウイルスを死滅させるのに効果があるが、うがいが届かない部位(鼻の中や鼻の裏側にある粘膜)があるため、うがいではすべての呼吸器部分を防げない"と言っただけに新型コロナウイルスを予防するとは言えない[4]。

Q. アンチプラミン/肺炎ワクチン/抗生剤/クロロキンで予防できますか?

嘘だ。まずCDCとWHOによると、まだコロナ-19治療や予防に役立つ特別な薬剤およびワクチンについては発見されていない[1][2]。保健福祉部の資料によると、アンチプラミンは消炎鎮痛剤の一種で、呼吸器感染病である2019新型コロナウイルス予防とは関係がない[3]。また、WHOによると、肺炎球菌ワクチンやヘモフィルスインフルエンザB型ワクチンのような肺炎ワクチンでは2019新型コロナウイルス感染を予防できず、2019新型コロナウイルスは新種のウイルスであるため、別途のワクチンを必要とし、現在ワクチンの開発の研究が行われている[1]。また、2019新型コロナウイルスはウイルスであるためにバクテリアを殺す抗生剤で予防できない。もし2019新型コロナウイルスで病院に入院した状態で抗生剤を処方されていたら、これはバクテリアの同伴感染を防ぐためである[1]。また、2019新型コロナウイルスに対する恐れが高まり、インターネットコミュニティを中心に"クロロキンを予防薬を準備すること"という書き込みが出回っているが、ソウルポラメ病院感染内科教授によると、"クロロキンをコロナウイルスの予防薬に使うにはまだ根拠が足りず、副作用も憂慮されるだけに、任意でクロロキンを服用してはならない"と勧告した[4][5]。クロロキンの代表的な副作用としては、肝毒性、神経性難聴、幻覚、再生不良性貧血症、白血球減少などがある[6]。

Q. 紫外線ランプ(UV)/ハンドドライヤーで手や皮膚の消毒ができますか。

大体嘘だ。WHOは公式的に"ハンドドライヤーは2019新型コロナウイルスのウイルスを消毒するには効果的な方法ではない"と明らかにしたことがある[1]。それだけでなく紫外線ランプ(UV)の場合、皮膚疾患を誘発しかねないため、手や皮膚を消毒するために直接使ってはいけないと明らかにした[1]。

Q. 体にアルコールや塩素をかけることによって消毒することはできますか?

大体嘘だ。アルコールや塩素を体にかけたとしても、すでに体内に浸透したウイルスを死滅させることはできない。また、このような物質は目や口などの粘膜に非常に致命的である可能性がある。アルコールと塩素が物体の表面を消毒することに効果的なのは事実だが、勧告される適切な方法で使用されなければならない[1]。肌をアルコールで直接消毒するより、水と石鹸を利用して手を洗って頻繁に触る物の表面を拭く方が効果的である[2]。

Q. 確定診断者が訪れていたところでも消毒済みなら行ってもいいですか?

大体事実だ。大韓医師協会によると、確診者の動線が判明した後、消毒が行われた場合、感染の恐れはないと判断できる[1]。消毒だけでもウイルスの99.9%以上を死滅させる効果があり、消毒が完了した24時間以降には使用ができるようになる[1]

Q. 手指消毒剤は妊婦に有害ですか?

嘘だ。CDCによると、最低60%以上のアルコールを含んだ手指消毒剤を使用することを勧告している[1]。エタノールはまだ奇形を誘発する閾値の知られてない強力な奇形誘発物質だが[2]、嘉泉大学吉病院感染内科の教授は"妊婦や授乳する方が手指消毒剤を使っても問題はない。体内に吸収されるほどの濃度や構成ではない"と言った[3]。肌に触れたアルコール成分はすぐ乾き、たとえ吸収されたとしても極微量であるため、体に影響を与えがたい[4]。ただし、手洗浄剤の使用する時には、アルコールが乾く時に匂いを嗅がないこと、傷んだ手で使用しないことなど注意事項を守らなければならない[4]。注意事項が守れない場合、水と石鹸で洗浄するのがより安全な可能性がある[5]

View more

Q. 感染を予防するために注意することはありますか?

疾病管理本部から公式的に発表された一般国民予防規則は以下の通りである[1]。:

1)流水で石鹸を使って30秒以上丁寧に手を洗う

2)洗っていない手で目/鼻/口に触らない

3)咳やくしゃみをする時には、服で口と鼻を塞ぐ

4) 発熱、咳、喉の痛みなど呼吸器症状者との接触を避ける

5) 人が多い場所への訪問を控える

6) 特に高齢者/妊婦/慢性疾患者などは、医療機関への訪問や外出時には必ずマスクを着用する

View more

This page was created with Yoon In Seop's dedication, a student majoring Computer Science at Yonsei University

© 2020 created by 연세대학교 (Yonsei Univ.) 고등교육혁신원 (IHEI) - ARMS & SaChoom       

Please re-enter the address if refresh error occurs.

코로나큐앤에이 페이스북(새창)
코로나큐앤에이 인스타(새창)